居酒屋 バイト 探し方

居酒屋のバイトの探し方

居酒屋バイトはどうやって探す?

 

私は学生時代居酒屋でバイトをしていました。
期間はだいたい2年くらいだったと思います。

 

厨房でドリンクを作ったり、デザートを作ることもありましたが
私のメインでやっていた仕事は、

 

ホールと呼ばれているお客様に料理を運んだり
注文を取ったりする仕事でした。

 

仕事内容としては、接客全般です。
席に案内し、注文をお伺いして、できあがった食べ物や飲み物を運ぶというものです。

 

高校のときにバイトしていたのがやっぱり飲食店で、人と接することが好きなので
接客は楽しんですることができましたし、お客様から「ありがとう」と
お褒めの言葉をいただくと、めちゃめちゃ嬉しかったことを覚えています。

 

最初に居酒屋でキツイと思ったことは、たくさんあるメニューを覚えることでした。
特にお酒の種類はホントに苦労しました。

 

種類があり過ぎて、お酒を飲みなれている人は別かもしれませんが
学生ですし、大酒のみでもありませんのでホントに時間がかかりました。

 

カクテルを作りの分量も覚えないといけないし、季節で変わるデザートメニューの作り方など
覚えることがたくさんありました。

 

ホールも、簡単な調理はしないといけないので
このように覚えることもあるんですね。

 

しかしメインはあくまでもホールの仕事ですから、気配り、目配り、心配りに加えて、記憶力も必要とされます。
でも、このバイトをしたことで記憶力が養われたような気がします。

 

注文以外にも、どの席でどんなものを頼まれたのかを把握しながら
クレームにならないように配膳の順番や、タイミングにも気を配ることが必要があります。

 

私なりに自分が外食することを常にイメージしながら
お客様が気持ちよく食事が出来る環境を心がけた接客をしていました。

 

このことは、今の仕事場でも来客時の対応や、接待時にとても役立っています。

 

デスクワークがメインの企業に就職すると、接客を改めて学ぶということがありませんので
学生時代にこの経験ができたことは大きかったです。